スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

はじめての・・・

2012/01/16(月)

歯医者さんに行ってきました

海外で虫歯になんてなったら、
「抜かれて終わり」
・・・・って聞いてたので、歯の痛みに気づかないフリしてきたものの・・・。
ほっといてひどくなってもコワイ・・・

そして最近歯医者さんに行った同期の子も「いい先生だったよ〜」というので、信じて行くことにしました。

地図を見るとどうやらうちから近そう
昨日電話して予約とれたけれど、バタバタしてギリギリの時間に。
念のため書いておいた住所も、急いでたら忘れてしまった・・・。

でもそのへん周辺に着いたらちょうど歯医者さんの看板も出てるし、住所もたしかこんな感じだった・・・と思い受付へ。
フシギな作りになっていて、ビルの中にいろんなドアがあて、その1つ1つがテナントになってるようです。
イメージはアパートの1室を借りてるような感じ。

入ってみると小さなソファが並んでて、パソコンと薄型テレビがあってなかなか高級そうなところ。

「昨日電話したファリーダ(私のアラビア名)です」

「・・・??」

あれっっ…??なんか伝わってない??
ていうか、歯医者さんの名前こんなんだっけ??

「ワタシ、ニホンジンデス・・・」
 『ああ〜、日本人ね、JICAの子ね』ってわかってくれないかな〜。

「…???ようこそエジプトへ」

 いやっ…そうじゃなくてですね…。
 やっぱここじゃないんじゃないか??と不安がよぎる。
ので、以前歯医者さんに行った先輩に電話してみる。

「7Fあたりで、窓の近くの1番はしの部屋で、入ったらソファーがあって、キレイで、銀行の隣のとこだよ〜」
と先輩。
おぉ〜じゃ、ここと一緒だな〜
ここで合ってるんだ

待っている間に欧米っぽい人も来て、
外国人も利用するくらいのとこならやっぱりそうだ。
って思い、待つ。
待つ。
待つ。

30分くらい・・・。

あれ〜??
16時に予約って言ったのに待ちすぎじゃない??
エジプトだから???
いや、でも待って・・・もう1回確認してみよう・・・。

また不安がよぎり、今度は歯医者さんを紹介してくれた調整員さんに連絡

そしたら・・・・











ちがうじゃん・・・・・!!!!!!!!!





電話してる間に
「ファリーダ〜〜
と、とうとう名前を呼ばれてしまい・・・

「あの・・・すみません、やっぱりここじゃなかった私の予約したところ・・・」

あわててその場を離れる私・・・。

本当に予約したところはその建物の隣のとなりでした・・・。
たしかに特徴はかなり似てる
でも、かなり立派な建物
高級感がさらにアップした感じ。

予約しときながら30分も遅刻してしまったので、とにかく謝り、その場で症状を説明できる自信のない私は紙に書いておいた文章を渡し、
「とにかく抜くことだけはしないでくれ!!!」
とアピール。

じーっと私の歯を見た結果、とりあえず虫歯はなかったらしい。
そして、歯のお掃除を丁寧にしてくれ(あまりに一生懸命で、3度うがいするも私の口の中は血まみれ・・・)、無事帰ってきました。

歯医者さんの場所まちがえてたとか恐ろしすぎる・・・。
もしあそこでそのまま治療受けてたらどうなってたんだろう
日本と同じで、きっと歯医者さんにもあたりはずれがあるからね
JICA紹介の病院だからこそ、安心して受診できるものの、全然未知な場所で治療してたら・・・って思うと、


あぶな・・・・・・っっっっ

ほんとう気付いてよかった〜

2012-01-16(Mon)
 

あけましておめでとうございます☆

2012年01月07日(土)

あけましておめでとうございます
遅くなってしまいました〜

1年前、4月からのJICA訓練を前に「今年はどんな1年になるんだろう・・・??」ってドキドキ半分とワクワクの半分のないまぜな気持ちだったのを思い出します。

過ぎてしまうと本当にあっという間だし、どうにかなるもんだなーって思います。
でも2011年は私のとって、本当にいろんな刺激のあった1年でした


ところで、今年の年末年始は両親がさっそくエジプトにやってきました〜
まだ私がエジプトに来たばかりの頃、
「年末エジプトに行くことにしました」
とメールが。
いつのまにそんなことに・・・私の知らないうちに勝手にコトが進んでました笑

治安がずっと不安定で、本当に来れるのか、その前に私が日本に退避になるんじゃないか、とかどうなるかまったくわからなかったけれど、無事エジプトへ

15時間以上かけて、はるばる来てくれました〜〜!!!
毎日のようにメールやスカイプでやり取りしてるから、全然ひさしぶりな感じがしなかったけど笑
私のリクエストした1年半分もの大量な救援物資とともにやってきました。

$1030378.jpg
上の写真+大量の日本食
ほんとうよく持ってきてくれたよ!!!

半年暮らしてきた今、いろんなことが見慣れて、普通に流してしまってきたことも私の両親にとってはなにもかも驚きとフシギでいっぱい。
子どもみたいにいろんな反応をする親を見て、
「そういえば半年前は私もそうだったな〜」
なんて初心を思い出しました。

アラビア語、いまだにちっとも上手にならないけれど、それでもなんとか値段の交渉したり、エジプト人とやり取りしてる様子を見て、感動してくれる両親。
両親にとってはこの半年のうちにすごく成長したって感じてくれたようです。
自分でも気づかないうちに、ちょっとはたくましくなってるのかな〜・・・。
うぅぅーーーーん・・・全然実感ない笑



今回は正味5日間しかなかったので、
「もったいない」と言って、長時間のフライト後だったにもかかわらず、最初から最後まで寝不足続き、ムリし通しだった両親。
少し体調も崩しかけ、心配しましたが、無事帰国できて本当によかったです


ひさびさに家族団欒できて、両親の温かさにふれて、二人を空港まで送って一人で家に帰ってきたときはさすがに淋しくなりました。

あと1年半。
なんだかあっというまにその日が来そう。


ピラミッド〜〜〜〜〜〜
初めてちゃんと観光しました。
ピラミッドの中にも入ったし、1つずつゆっくり見ました。
前に行ったときは閉まる直前に到着したから、30分くらいでばぁーーーーって見ただけだったからね
ゆっくり見てみてみるとやっぱスゴイわ。。。
$C300153.jpg



これはピラミッド前にあるケンタッキー&ピザハット内3階からの景色です!!!
ホントに目の前にあるの
すごいよね・・・。
私の母の念願「ピラミッド見ながらケンタ」実現です
PC300183 - コピー




2012年1月1日に生まれて初めて気球に乗りました
初日の出&気球〜。
P1010305.jpg
高所恐怖症だけど、ふわーっと風の流れにまかせて少しずつ上昇していくので、あまり怖くなかったです。
広場みたいなところを目指して、降下。
それはいいけど、そのへんの金網を破壊しての着陸・・・。
住民&子どもたちがワラワラ集まってきて、大騒ぎしながらみんなで気球を救出。
乗っていた私たちはそのおかしな様子を笑ってみてたけど、思えばあれって着陸失敗だったんだろーなぁ・・・。


JICAボランティアがよくお世話になってるムハマドさん(モハメドさん?…同じような名前ばっかでよくわからない…)がおうちのご飯に招待してくれました
首都隊員の私は、とにかくこういうエジプト人の家のお呼ばれっていうのが本当にないので、ものすごく嬉しかったです
しかも全部おいしいっ!!!
パンも家の外にある窯で焼いてる手作りなんですっ
P1010366.jpg


とにかく楽しい1週間でした〜
お父さん、お母さん来てくれてありがとう

2012-01-07(Sat)
 

2011 12/20(火)

今月28日で、エジプトに来て6ヶ月になります
・・・ってことは・・・。
エジプトでの活動も1/4が終わることになります。

本当に時間がたつのってあっというま
(あれっ。なんか毎回ブログ書くたびに同じセリフ言ってるな私)

つい最近まで「新隊員さん」なんて言われて、ピチピチほやほやだと思ったら、あっという間に3ヶ月経ち、9月末には新しい新隊員さんが。
そして、そうこうしているうちに次の隊次の隊員さんたちが1月にエジプトにやってきます。

先週帰国する先輩たち9人の送別会&報告会がありました。
エジプト隊員は多いほうではないのに、一気に9人いなくなっちゃうなんてさみしすぎる!!

昨日今日でそのうちの2人の先輩隊員のお見送りに空港に行ってきました。
2人とも同じ幼児教育隊員です。
一緒に過ごせたのは本当に短い時間だったけれど、2人ともしっかりしてて、すごくかわいくて、大好きな先輩たちでした。
イマイチ実感はわかないけれど、もうしばらく会えないなんて本当に不思議です。

同じエジプト隊員として活動していくなかで、ドミに行けば誰かしら隊員がいて、顔を合わせることができたけれど、帰国してからは本当にそれぞれがバラバラの道。

出逢いと別れの繰り返しです。

「出逢いの数だけ別れがある」ってミスチルが言ってたけど、本当にそのとおり。
いいこと言うなあ、ミスチル

別れはすごくサミシイけれど、この青年海外協力隊への応募を決めてから、どれだけの出逢いがあったんだろう。

日本で普通に生活していたら、絶対にぜったいに出逢うことのなかった職業や年齢、地域の人たち。

エジプトの保育で、私が力になれているかどうかはちょっと置いておいて、少なくとも私にとっては数々の出逢いが本当に財産だなって思います。

心配しながらも背中を押してくれ、支えになり続けてくれている家族、友達、職場のみなさんに心から感謝しています。

日本とは違う危険のある生活環境の中で、健康なからだで無事任期を終えて日本へ帰ることってあたりまえのようで、あたりまえのことではないと思う。
先輩たち隊員のように、少しでもなにか手応えを感じて、1年半後元気に日本に帰りたいな。

JICA大阪の訓練で同期だったみんなに会えるのも今からすごく楽しみ!!!

無理をしすぎず、気を張りすぎず、あと1年半エジプトで元気に活動&生活していきまーす


みさと

2011-12-20(Tue)
 

元気です!

2011 11/24(木)

ここ1週間で、エジプトの情勢はどんどん悪化・・・。
でもとりあえず、私は無事です
心配してメールくれたみんな、ありがとう

そして無事エジプトでお誕生日も迎えました
お祝いメールありがとう

今まではデモがあったとしても、休日の金曜だけだったのに、今では毎日デモ。
タハリール広場に集合しては大きなデモがドカンドカン起きてます。
それというのも、ムバラク政権が倒れて以来初めての選挙が、来週にあるからなんです。

私の活動先の社会連帯省は、タハリール広場の目の前に位置する「モガンマ」という建物の中にあります。
デモ報道されるときには必ずタハリール広場が映されるため、ときどきモガンマも映像に出てたりする・・・。

先週末、金土でアレキサンドリア(カイロと並ぶエジプトの首都)に行き、先輩隊員の活動先のスポーツクラブでバスケ大会して「あ〜楽しかった〜!明日からまたがんばろ〜」なーんて思いながら翌日モガンマ行ったら・・・
大変なことになってました

最寄り駅に着くと、すぐに鼻につく異臭がして煙もくもく・・・
エジプト人たちがみんな鼻と口をティッシュでおおってる状態。
ふだん、排気ガスまみれの空気の中で、平気でいるエジプト人が口をおおってるなんて・・・!
本当に一大事!!!
煙の正体は催涙弾でした

駅を出るとすぐ目の前でデモが・・・
ここに通勤する以上、いつかは出くわすんじゃないかと思ってたけれど、初めて目の前で見てしまった・・・

もちろんその日はそのまま活動はお休みになり、(というか職員ほとんどが避難し、モガンマ自体機能しない状態)その次の日の社連省勤務日もお休みになりました。



火・水・木は保育園勤務のため、保育園へ。
場所はタハリールから少し離れるけれど、それでも通勤はドキドキした〜

そうこうしてるうちに、なにげに保育園での活動は今日でおしまいでした。
あれあれ、なんだかバタバタしたまんま終わっちゃったぞ・・・。

これからは社連省勤務オンリーになります。
とりあえず来週は同期隊員のいるバンハのセミナーに参加させてもらうのでいいとして、再来週からの活動はいったいどうなる私・・・?!

選挙はいくつもの地域に区切られとりあえず3月まで続き、それからさらにまた別の選挙がある。らしい。(→イマイチよくわかってない私・・・)
選挙地区にあたっている地方隊員たちは、万が一の最悪の場合に備えいつでも国外待避できるように、荷物をまとめてカイロにあがる処置がとられます。

本当に先行きの見えないエジプト・・・。

どうかこれ以上悪化しませんように

とりあえず、まきこまれることだけはないように、十分に気をつけていきます

2011-11-24(Thu)
 

首都隊員

2011 10/19(水)

私はエジプトのカイロで幼児教育隊員として活動しています。

カイロはエジプトの首都です。
なので、日本でいえば東京みたいなカンジ。

今までも何度かふれましたが、エジプトといっても全土が砂漠なわけではない・・・。

それどころか、「こんなの地元静岡にはないよ!」っていうくらい大きなショッピングモール?のようなものがあったり(写真参照)、少し歩けば、カフェもスーパーもマックもシナボンも・・・お店はなんだってあったりします。


シティースターズといって、ものすごい巨大モール。
「ここはドバイ?!」って錯覚するような光景でしょ・・・
P7150368.jpg

何階建てなのかわかりません・・・。
P7150370.jpg

エジプトはモール館内に遊園地があることが多い。
でもここはホントに大きな遊園地が入ってます。
ジェットコースターまであるんです!!
P7150364.jpg


それでも時々断水したり、停電したりするものの、生活にはまったく不自由しません。
同期のほかのアフリカ隊員の子たちは2週間停電中だとか、断水だとか、バケツシャワーだったりとか、ゴキブリ数10匹と毎日格闘してたりとか・・・ていう生活があたりまえの中、同じ協力隊員の私はこれでいいのでしょうか・・・。

そして、こんな恵まれた環境にいるのに地方隊員の子の話を聞いてると、地方がどうしてもうらやましくなってしまうのです。

たとえば。
地方のいいところ
・地方の子は、地元のエジプト人との交流がすごく多いので密に仲良くなれるし、だから地元の生活にはふれていきながら過ごしていけます。
・物価が安く新鮮な野菜が安く手に入ります。→そして遊ぶ場所がない(らしい)ので、誘惑が少なくてお金がたまりやすい
・家がキレイで広くて、そのうえ家賃が安い。
・騒がしくない。渋滞がない。空気がキレイ。

「いいないいな〜っ」と、ないものねだりばかりしていましたが、最近になって首都は首都なりの楽しみかた&過ごし方をすればいいんだって気がつきました

首都のいいところ
・JICAの指定の病院にすぐ行ける→なにかと病院にお世話になる私にとってはとてもありがたい
・会議や行事やら、なにかとカイロに上がってこなければいけない機会があるけれど、移動の必要がない。
・エジプトで仕事をしている日本人と知り合いになりやすい。→日本にいたら、絶対に絶対に知り合ってないような立場の人と出逢えるので本当におもしろいです
・カイロであるイベントやクラブに参加しやすい。

って、考えたら本当にいろいろいいところがあるな〜と思いました。
そもそも首都にいるのに、不平言ってる私が欲ばりですね
ほかの国の人に話したら怒られちゃいそう・・・笑

空気と渋滞と家はどうにもならないけれど、現地の人とのつながりは私から求めて出ていけばいいんだし、お金の管理は自分でしっかりしていけばいいし・・・ってしていけば、ここカイロの生活はもっともっと楽しくなる

楽しくするのも、つまらなくするのも、なんでも考え方と自分しだいですね〜

それぞれの土地で生活していくみんなが、お互い「私の住んでる地域が1番」って思いながら、ステキにすごしていける2年になるといいな〜
2011-10-19(Wed)
 
プロフィール

みさと★ファリーダ

Author:みさと★ファリーダ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。