スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

首都隊員

2011 10/19(水)

私はエジプトのカイロで幼児教育隊員として活動しています。

カイロはエジプトの首都です。
なので、日本でいえば東京みたいなカンジ。

今までも何度かふれましたが、エジプトといっても全土が砂漠なわけではない・・・。

それどころか、「こんなの地元静岡にはないよ!」っていうくらい大きなショッピングモール?のようなものがあったり(写真参照)、少し歩けば、カフェもスーパーもマックもシナボンも・・・お店はなんだってあったりします。


シティースターズといって、ものすごい巨大モール。
「ここはドバイ?!」って錯覚するような光景でしょ・・・
P7150368.jpg

何階建てなのかわかりません・・・。
P7150370.jpg

エジプトはモール館内に遊園地があることが多い。
でもここはホントに大きな遊園地が入ってます。
ジェットコースターまであるんです!!
P7150364.jpg


それでも時々断水したり、停電したりするものの、生活にはまったく不自由しません。
同期のほかのアフリカ隊員の子たちは2週間停電中だとか、断水だとか、バケツシャワーだったりとか、ゴキブリ数10匹と毎日格闘してたりとか・・・ていう生活があたりまえの中、同じ協力隊員の私はこれでいいのでしょうか・・・。

そして、こんな恵まれた環境にいるのに地方隊員の子の話を聞いてると、地方がどうしてもうらやましくなってしまうのです。

たとえば。
地方のいいところ
・地方の子は、地元のエジプト人との交流がすごく多いので密に仲良くなれるし、だから地元の生活にはふれていきながら過ごしていけます。
・物価が安く新鮮な野菜が安く手に入ります。→そして遊ぶ場所がない(らしい)ので、誘惑が少なくてお金がたまりやすい
・家がキレイで広くて、そのうえ家賃が安い。
・騒がしくない。渋滞がない。空気がキレイ。

「いいないいな〜っ」と、ないものねだりばかりしていましたが、最近になって首都は首都なりの楽しみかた&過ごし方をすればいいんだって気がつきました

首都のいいところ
・JICAの指定の病院にすぐ行ける→なにかと病院にお世話になる私にとってはとてもありがたい
・会議や行事やら、なにかとカイロに上がってこなければいけない機会があるけれど、移動の必要がない。
・エジプトで仕事をしている日本人と知り合いになりやすい。→日本にいたら、絶対に絶対に知り合ってないような立場の人と出逢えるので本当におもしろいです
・カイロであるイベントやクラブに参加しやすい。

って、考えたら本当にいろいろいいところがあるな〜と思いました。
そもそも首都にいるのに、不平言ってる私が欲ばりですね
ほかの国の人に話したら怒られちゃいそう・・・笑

空気と渋滞と家はどうにもならないけれど、現地の人とのつながりは私から求めて出ていけばいいんだし、お金の管理は自分でしっかりしていけばいいし・・・ってしていけば、ここカイロの生活はもっともっと楽しくなる

楽しくするのも、つまらなくするのも、なんでも考え方と自分しだいですね〜

それぞれの土地で生活していくみんなが、お互い「私の住んでる地域が1番」って思いながら、ステキにすごしていける2年になるといいな〜
スポンサーサイト
2011-10-19(Wed)
 

2011 10/13 (木)

おひさしぶりです
日本はそろそろ本格的に寒くなってきてる頃かな??
ヤフーを開いていたら
「今年注目の紅葉スポット」みたいな見出しを発見
もうそんな季節なんですね。
紅葉見たいな〜

私はというと、先週サッカーをしてネンザ・・・。
1週間活動をお休みさせてもらっていました。

エジプトではマラソンをするのですら、公園の入場料を支払ってしなければなりません。
そのへんを走ってると、
「おい、どうした?急いでるのか??じゃ、車に乗ってけっ!!」
って、いろんなエジプト人に心配されるらしいです。

エジプト人、本当に親切。

そういえば・・・たしかに、マラソンとは言わなくても小走りしてるエジプト人すらほとんど見たことないかも・・・。

そんなこんなで、からだを動かしたいのに、なかなか思いきりスポーツのできないエジプト。
(ジムとかスポーツクラブはたくさんあるみたいなので、お金さえあればいろいろできるみたいなんだけど、私にはお金がない・・・)

それがこんなキレイな場所でサッカーなので
PA070729.jpg

思わず、テンションも上がり、とても楽しくなってしまいました
PA070733.jpg

ゆっくりお休みをいただいたので、だいぶ足もよくなりました
   
              

慣れてきちゃったけれど、でも日本とは違うエジプトの生活を少し紹介したいと思います


まず洗濯機。
私の家の洗濯機はこんなカンジ
PA130756.jpg
全自動なんです。
スゴイでしょ?!(あちこちオンボロなのはおいといて・・・)

そしてこういうダイヤルみたいなのとスイッチがいくつかある
PA130758.jpg

でも、なにを意味するスイッチとダイヤルなのか、さっぱりわからない・・・。
こういう洗濯機はエジプトでは一般的らしく、
先輩いわく「ダイヤル8くらいに合わせておけば、1時間くらいで終る」
らしいです。
ダイヤルによっては果てしなく長い時間洗濯しているらしい・・・。

そして、時間がかかるけれど、どこまでこの洗濯機が仕事してくれているのかよくわかりません笑。(だって、脱水もすごく甘い・・・)
でも洗濯機があること自体、本当にありがたいです。

洗濯が終わったらここに干します〜
PA070723.jpg

室内に干しても数時間あれば乾きます!!!

ちなみに窓の外には
PA070724.jpg
こんなロープも張られていて、外に干せるようにはなっているのですが、
外のほこりと砂がコワイので、1度も干したことはありません・・・。

コンロはこんなカンジです。
PA130759.jpg

左側にあるガスをひねって、チャッカマンで火をつけます。
コンロの下にあるのはフォルンといってオーブンみたいなもので、うまく使いこなすと料理のレパートリーもぐっと増えます。
でも・・・
以前この部屋に住んでいた先輩いわく、使おうとすると爆発するらしいのです・・・。
なんてオソロシイ・・・。
いろいろな料理やお菓子を作ってみたいけれど、命の危険を感じるのでやめておきます・・・。

豚肉はイスラム宗教上食べられないけれど、そのほか野菜や調味料などは比較的いろいろ手に入るので、自炊には困りません〜
PA050721.jpg

PA110754.jpg

エジプトの食事は油と砂糖の量がとてもすごくて、食事の栄養バランスを考えたら、自炊が1番
日本での生活よりも時間には余裕があるので、料理も楽しいです

ではでは、今回はこのへんで
2011-10-13(Thu)
 

日本を旅立って100日記念日

2011 10/5(水)

昨日のブログでもちょっぴりふれましたが、今日で日本を離れてちょうど100日目
そこで
もはや今となっては当たり前になってきちゃったけど、
・・・というか感覚がマヒしてきちゃったけど、でも実は「ここがヘンだよエジプト人」(←なつかしいフレーズでしょ笑)みたいなお国事情を紹介したいと思います

1、腕をくんで歩く
 キホン、道を歩く人たちはみんな腕をくんで歩いています。
 親子・恋人同士はわかるとして・・・男の人同士、女の人同士、私が道を聞けば見知らぬ人にも腕をくまれ(←女性に限りますが)その場所まで連れていってくれたりも。
 はじめの頃、私は同性愛者の人が多いんだと思ってました・・・
 だって、暑い暑い真夏にみんなくっついて歩いてるんだもん。
 よけい暑くなるじゃんッ!!!
 その光景がすごくフシギでしたが、今はそれがこの国では普通なんだとわかりました〜。
 どうしてなのかは今でも理由はよくわからないけど・・・。
 交通事情がひどいからかなあ??←道を横断するのが本当に大変なので

2、マナーが悪すぎる
 ① ゴミを平気で捨てる
 「ゴミのポイ捨て」なんてかわいいもんではありません・・・。
 ミクロバスに乗ってれば、飲み終えたペットボトルを窓からポーン 
 食べ終えたお菓子の袋を歩きながらポイ
 街のあちこちにゴミかごが設置されてるけど、私は今までそこにゴミを捨てている人を見たことがない・・・。
 心の中で何度「おい!!!」と叫んだことか。
 だから街はゴミであふれてます。
 ② 並ばない
 並ぶという感覚がないらしく、メトロの切符を買うにも、スーパーでも割り込みがあたりまえです。

3、大の大人が子どもみたい・・・ 
 ①日本人というか、アジア人が珍しいらしく(←きっとこれはアフリカ大陸ではどこも一緒)容赦ない視線とことばをあびせてきます。何度もふり返って私を見てはコソコソ話したり、「シーニー、シーニー」「ニーハオ」と手をあわせてきたり。ムシしてると、前にまわりこんできてしつこく追いかけて言ってきたりする。
これが小さい子どもならわかるけど、大の大人ばかり・・・。
日本だって、島国で外国人は珍しくたってそんなことしないですよね
むしろエジプトなんて、観光で外国人に慣れてるんじゃないの??
なのにどうして???
 ②いつも食べ物の話題で持ちきり
 ③なんでもないことで突然ケンカが始まる・・・
 ④気分屋さん
 ⑤ほめてもらうとこのうえなく嬉しそう

4、ものすごく親切
 カイロ隊員の私は地方隊員と違って、ザンネンながらエジプト人のおうちにお呼ばれ・・・なんてことはないのですが、エジプト人の親切さは日常のあちこちで感じています。
 でも大体が道を尋ねるとき、ミクロバスに乗ったときが多いかな・・・。
 道を尋ねると、たいていの人がそこに私が無事たどり着くまで付いてきてくれるor確実に行けると安心できるところまで案内してくれます女性だったら腕をくんで連れてってくれます。
 ミクロバスは本当にいろんな方面があるし、道もイマイチわからないので、外国人の私にとってはちょっと難易度の高い乗り物です
でもとりあえず行きたいところをアピールしておけば、必ず近くの人が「ほら!ここだよ!」と教えてくれます。ついでに私の分の乗車料金を払ってくれたりもします
日本では見知らぬ人のお世話をすることなんて、なかなかないですよね・・・。
どの人もみんな忙しくて、自分のことにいっぱいいっぱいだったりするし
でもエジプト人たちは他人だろうと外国人だろうと困っている人がいればほうっておけない気質なようです

そんなこんなで、いろんなことに
「もう〜!めんどくさい!うるさいッ!エジプトなんてエジプトなんて・・・もういやだ〜!」とか思っちゃうことがいっぱいありつつも、エジプト人にいっぱい助けられてる私だったりします

腹が立ったり、もういやだって思ったりもあるし、でも心がほっこりすることもあるし、なんだかプラスマイナスゼロで今まで生活してきてるかもしれない。
生まれ育った日本とは違う国だから、いろんなことがあってあたりまえか〜。

エジプトのフシギはもっともっといっぱいあるけれど、また少しずつ紹介していきますね
2011-10-05(Wed)
 

これからの私のゆくえ。。。

2011 10/4(火)

今日社会連帯省でJICAとの会議があって参加させてもらいました
内容はエジプトの幼児教育のプロジェクトについてとか各支局から出してもらう書類についてとか。。。
私はもちろん聞いてるだけなんだけど。

そして話し合いが一通り終わったとこで、私の今後の活動について聞いてみました
赴任当初の部長の話だと私は保育園での活動は2ヶ月。
ってことは、来週にはおしまいなのです。
いやっ、早すぎでしょ・・・。

今日は今までの活動内容と意義、保育園での変化などをつたないアラビア語になんとか直して、部長に掛け合ってみました。
私はこの保育園での活動が終わったら、もう保育園の現場には入れず、ひたすら社連省での仕事orセミナーのみの活動になるかと思ってたんだけど、どうやら部長いわく違うらしい・・・。
これからもいろんな保育園の視察に行ったり、セミナーしたり・・・って形を考えてるみたい。
「で、ファリーダはいつまで今の保育園に行きたいの?」って聞いてくれて。
今の保育園でもう少し保育士さんたちと一緒に考えていきたいところや、提案してみたいことはたくさんあるし、なにより子どもたちがなついてくれて本当にかわいいから離れるのサミシイし・・・と、短時間で頭の中フル回転させて、どうしよ、どうしよ・・・と考えた結果。
10月いっぱいまで今の保育園で活動させてもらうことにしました

私が今知ってるのはこの園だけ。
同期の子たちの園の様子を聞いてると、園によって様子は本当にチガウみたい。
それだったらいろいろな園を知って、その中でこの国に何が必要なのか考えていくのも大切じゃないかと思って。

11月からの活動については私がどうしたいのか自分で考えて、案を部長に出して検討していくことになりました

きっと思い通りにはいかないんだと思うけど、ほかの地域のセミナーにもあちこち顔を出させてもらったり、ボランティア入ってない地域の保育園行ってみたり、セミナーしたり・・・って感じで少しずつ活動広げていけたらいいな〜と思ってます
あんまりいろんなことを欲張らないようにしないとね

そのためにはとにかくアラビア語がんばんなきゃ〜
これがなかなかムズカシイ・・・
なぜって、なかなか進歩しないから勉強もおっくうになっちゃうんだよね・・・
自分にキビシク、人に優しく、がんばりまーす


ちなみに
明日は日本を旅立って100日記念日〜

2011-10-04(Tue)
 
プロフィール

みさと★ファリーダ

Author:みさと★ファリーダ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。