スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

バハレイヤ ②

2011 9・29(木)

もう9月もおしまい!ほんとに早いですね・・・

私がエジプトに来てからは、毎日雲1つない快晴続き。
でも最近雲が広がるようになって、朝&夜は涼しくなってきて、秋がやってきたみたいです。
こんなに雲があるのって今まではめったになかったの
いっぱい雲があっても雨は降らない・・・なんで??

P9250719.jpg

エジプトもちゃんと四季があるみたいで、冬は寒いんだって〜!



ところでところで。
バハレイヤオアシスのデータをget!!!
・・・とゆーわけで、
バハレイヤの景色をお届けしまーす

これ見たら絶対みんな行きたくなっちゃうはず



砂漠っていたらこれでしょ!イメージそのままの景色
IMG_0408.jpg

私たちが寝泊まりする場所を用意してくれてる図
IMG_0403.jpg

砂漠での夕暮れ
IMG_0413.jpg

ちゃっちゃっちゃ〜とドライバーさん2人が作ってくれた夜ごはん
ものすごくおいしかった!!!
しかし量がハンパない・・・
あの・・・いちお私たち女子ですが・・・
IMG_7706.jpg

こんなふうにしてくれて、寝袋で寝ました!
いやー快適快適
満天の星空の下で寝れました
IMG_0424.jpg


これがすごいんだけど・・・
砂漠の中に石で目印の道を作ってあるの!
けっこう長い距離。
誰が作ったんだろう・・・ほんとすごい
IMG_7642.jpg

洞窟。入ってみると案外広い!
IMG_0441.jpg


こんなカンジ。大きな鍾乳洞がたっくさんあるんです。
IMG_0452.jpg

白砂漠での夕暮れ
IMG_7694.jpg

IMG_7696.jpg

白砂漠にはこういう大ーきな白い石?みたいなのがた〜〜〜くさん並んでます
IMG_0495.jpg

ダーーーーーイブ
IMG_7719.jpg

黒砂漠です。
白砂漠とは違って、黒っぽくてゴツゴツした岩山があちこちに並んでます。
このうちの1つの山を30分くらい登って見えた景色です。
IMG_0514.jpg




2泊3日のツアーで行きましたが、この間砂漠の中ものすごい距離を車で走って走って走って・・・
目印なんてほとんどない中(←石の目印はほんと一部だけ)、迷わないでスイスイ行っちゃうドライバーさんがほんとにスゴイ!って思いました

車の中から見える景色も、ちょっと場所が変わると全然ちがう景色が広がるの。
でもその場所その場所には同じような形・色の岩があったり景色があって、なんだか規則的だからまたフシギ
またあちこち行ってみたいな〜
スポンサーサイト
2011-09-29(Thu)
 

あがったりさがったり

2011 9/21(水)

今日は保育園の遠足
行き先は保育園からすぐそばにあるカイロ動物園
私も初めてだったのでちょっと楽しみ
遠足といってもどうやら行ける子だけで行くみたいで、普段の子どもの人数考えたら20人くらいはいそうなのに、今日来たのは12人だけでした。

動物園自体はあまり日本と変わらないカンジ。
でも飼育員さんにお金を払うと動物たちにエサをあげられます。
私はダチョウに手をかまれました。
だって、本当は棒でエサをあげるはずなのに、なぜか園長先生が私に直接渡すようにゴリ押しするんだもん・・・笑。

そうでなくても持ってきたスナック菓子を自由に動物たちにあげてたり、あと馬車に乗って一周したりしました。

とても楽しい遠足なはずなのですが、子どもたちがちょっと手を離したり、興味あるところにちょろちょろって行こうものなら、先生の怒鳴り声と張り手がとびます・・・。
あまりにその回数が多くて、子どもたちはビクビクしてるし、全然思いきり楽しめてない
それを見ている私もすごく悲しい・・・。
先週、なんか糸口が見えてきたかな〜なんて思っていたら、またこんなカンジで、本当に毎日一喜一憂です。
その国にはそのやり方や今までの文化があるから・・・って思うと様子を見ながら受け入れたり、妥協したりするところと、譲れないところと整理していかなきゃって思うけど、子どものことや関わり方については私はやっぱり譲れない。
でも「エジプトだから」ってまとめて考えてもいけない気もする。
エジプトでもいい先生はいるし、日本でもやり方や考え方の違う先生もたくさんいるし、全部国の違いのせいにしちゃいけないなって。
保育園では活動のことは影で支えられるようにしていきたいけど、よくないことはよくないってもう少し伝えていきたいな・・・。

ここエジプトで生活してると、毎日いろんな感情がごちゃまぜです。
基本は人好き、お世話好き、おもてなし好きなエジプト人。
見ず知らずの人でも道を聞けば親切に教えてくれるし、ミクロバスやメトロに乗るときには私の切符代まで払ってくれたりもする。
ちょっとぼーっとしてると「体調悪いのか?」って同僚みんなで心配してくれる。

でも平気でみんながゴミを捨てるから、カイロの街はゴミであふれて空気も街も本当に汚い。
クラクション鳴らしすぎ。さわがしい。
道を歩けば「シーニー、シーニー(=中国人)」、「ニーハオ」って大の大人がみんなでひやかしてくる。
痴漢やボッタクリ多いから、一人でタクシーやミクロバス乗らなきゃいけないときにはいつもドキドキする。

なんかいろんなことがあります。
自分に余裕あるときは笑ってすませられちゃうことも、疲れてるとイラっとしたり。
エジプト人の温かさに心があったまったり。

私の心の中も忙しい。

この2年間きっと、私はこのくり返しなんだろうな。

先が見えないことも、考えても考えても答えが出ないことも、嬉しいことも、悲しいことも、悔しいことも、きっとたくさんの経験をする。

でもここでできるたくさんの経験や、日本ではきっと出逢えないはずのたくさんの出逢いをいっぱい積み重ねていきたい。

・・・って、いっつも自分の頭の中だけで考えるとグチャグチャになるから、ブログ書きながら気持ちを整理してます

明日はどんな1日になるのかな〜

保育園での活動はあと9日。
帰国まであと643日。

みさと
2011-09-21(Wed)
 

ラマダーンが明けて

2011・9・8

1ヶ月弱のラマダーンが8月29日に明けて、9月4日から仕事再開しました。
ラマダーン明けたら、マッスリー(エジプト人)の仕事のやる気ってどのくらい違うんだろ・・・。
若干の不安と期待を持ちつつの活動開始。

社会連帯省のほうは、簡単にいえば30分勤務時間が長くなりましたが、大きく仕事の様子変わらず。
あ。変わったのは、ラマダーンでないので同僚たちが勤務中にシャーイ(紅茶)を好きなだけ飲めるようになったことです。
まだラマダーン明けたばかりだし、まだまだこれからかな。


保育園では少しずつ様子が変わってきたように感じて、特に今日は嬉しくなった1日でした。

これまで保育園で活動してきて、赴任時に聞いていたコーラン、体操、音楽・・・などの毎日あるはずのカリキュラム?は全然なされず、なにもやることなく、でも子どもたちは自由に遊べるわけでなく椅子にじっと座っていなければいけない・・・。
なんとなくその日を終えることの多い毎日に、どうしたもんだろう・・・と私自身苦痛にも感じていました。

本当はデイリープログラムを一緒に考えるように社連省からは言われてるのに、今の状態ではとてもそういう段階でなさそうだし、私の語学力では自分の考えをうまく伝える自信も、先生たちのプライドを傷つけずに上手に話しあっていける自信もない。
悶々とすることも多かったのです。

でも、いつでもなにかしらできるように準備をしていきました。
様子を見計らって園長先生に持ちかけてみたり、先生に言ってやらせてもらったり。
そうしているうちに「今度は何をやりたいの?」「ほしいものはある?」と気にかけてくれるようになりました。
必要なものがあると園のほうから家庭にも伝えてくれ、家から用意してきてくれます。
そういう協力体制があることが本当にありがたいです。

今まで私が「こんなのはどう?」って提案すると、私がそれをうまく伝えられないせいもあり、思ってたのと違う方法やものになることが多いです。
私の思っていた活動のねらいとはズレることもあったり。
でもそれが私のアイディアよりずっとずっといいものになる。

繰り返し見立てあそびをするつもりで折り紙を用意しましたが、台紙用の紙を用意してくれてそのまま作品になりました。みんな一生懸命です。

syuku-P9060492.jpg

完成したら名前を書いて、一人ひとりの作品を園長先生がみんなの前で披露

syuku-P9060494.jpg

私の描いた絵に色付けしたマカロニで飾りつけ

syuku-P9070510.jpg

マカロニでひも通し。真剣!

syuku-P9080519.jpg

お気に入りのアクセサリーになったよ

syuku-P9080525.jpg

先生自身が実はステキなアイディアや引き出しをたくさん持ってるんだ!ってことを発見

作品の見栄えばかりを気にせず、子どもたちの作品を大切にしてくれること、みんなの前でほめてくれること、先生自ら手を汚しながらマカロニを絵の具で色つけしてくれたこと・・・などなどステキなところをたくさん見られるようになってきました。
嬉しい。

子どもたちが「今日は何するの?」って楽しみに目を輝かせて来るようになったことや、「ファリーダ!ファリーダ!」って安心して私に甘えてくれることも本当に嬉しい。

園長先生が「いつまでいてくれるの?ずっといてほしい。」「ミッサットー(←発音が難しくてうまく言えないらしい)はきれい」となんだかべた褒めして、でも私のことを好意的に思ってくれていることも嬉しい。

今までの日本での保育と照らし合わせたとき、いろいろ気になってしまうことや疑問に思うこともたくさん見えてきてしまっていたけど、今でも「あああ〜・・・。それはやめてー・・・」って思うことはいくつもあるけど、でもなんだか糸口が見えてきたかもしれない。

私は提案はしてみるけど、主役じゃない。影で支える立場としていればいいんだ。
そのつもりで来ていたはずだったのに、いざ現場に立ってみたとき、何か私がしなきゃって変に気をはっていたように思います。
でも先生たちのステキなところを発見できるようになって、私の立ち位置も役割もなんだか少しわかってきたかもしれない。

保育園での活動はあと1ヶ月。
もっともっと先生たち、子どもたちのステキな笑顔をたくさん見たい。
私も一緒になってたくさん笑ってすごしたい。
2011-09-08(Thu)
 

657日

2011・9・8(木)


今日で今のアパートに引っ越してきてからちょうど1ヶ月経ちました。
いつのまにか9月に入ってるし、びっくり。

訓練のときに、
「私たち協力隊には平等に730日(=2年間)が与えられるけれど、どんな730日にするかは一人ひとりによって違う」
というお話をスタッフさんから聞きました。
その730日も今日で残日657日となりました。

早い!早すぎる!

このエジプトで過ごすのは、ながーい人生のうちのたったの2年間。
ここでだからこそ経験できることや、味わえることをたくさんたくさん吸収して、これからの自分につなげていきたいな

ちなみに今日はバスを乗り間違えて、保育園を思いきり遅刻してしまいました・・・。
異国の地で迷子になるとホント不安。
あせった・・・
保育園の先生たちは遅刻も全然気にせず、とがめたりしないのですが。
別の道を知れたし、これもいい経験ってことで笑

657日後、私はどんなふうに変わって日本に帰国するのかな。

自分の中で想像して、なりたい自分を思い描いて生活していきたい

2011-09-08(Thu)
 

バハレイヤオアシス

2011・9・6

更新遅れました〜

8月29日に1ヶ月間の断食が明け、30日からはアイード(断食明けのお休み)でした。
なので、8月30日〜9月1日の2泊3日で、同期のみんなとバハレイヤに行ってきました〜!

バハレイヤは今カップルに人気の、まさに旬なスポット!!
・・・らしい。
なぜなら砂漠の中で満天な星空を見れるからです

私はカイロから出たことがないので、カイロを離れるのは今回が初めて。
どんな場所なのか楽しみ
バハレイヤまではカイロからバスで5時間ほどで行けます。

バハレイヤに到着してからはドライバーさんが待っててくれて。
この4WDに乗って砂漠ツアー出発です!!
ちなみにTOYOTAのランクルでした。




砂漠っていうと


syuku-P8300457.jpg

↑ ↑ ↑
こんなイメージじゃないですか??

私はまさにこの景色のように、砂が果てしなくどこまでも続いてるもんだと思ってました。

もちろんこういうところもあるのですが、そうばっかりではなく

syuku-P8300438.jpg

こんなふうに白っぽい石がちらばっているところがあったり、砂利道が続いたり、大きな石山?が並んでいたりと、場所によってまったく違う景色があるのです。


ここは砂を掘ってみたらピンクの砂が下からでてきました。

syuku-P8300447.jpg


場所が変わるたびに景色がいろいろと変わり、そして時間によってもまったく違う表情を見せてくれる砂漠。
自然の神秘を思い切り感じました。

その写真をぜひぜひアップしたいところですが・・・
あいにく私のカメラは1番にバッテリー切れ
というわけで、またデータをもらったら更新します 

寝泊りする砂漠に到着してから、そこでサンセットを眺めました。

砂漠だけが広がるひろーい大地でのサンセット。
ピンクがだんだん広がって、それから濃いオレンジになってく空。

日が沈んでからは今までに見たことないくらいの無数の星を眺めながら、ドライバーさんたちが作ってくれたおいしい夜ごはんを食べました。

30日は新月だったので、月明かりにジャマされることなく空いっぱいに広がる満天の星を見ることができました。
本当に本当にキレイで、とても贅沢な時間で、同じ地球でもこんなにも景色が違うことの不思議さや、自然の大きさなど、なんだか言葉ではとても言い表せない感動を味わいました。

この星空の下で寝袋で寝て、朝は明るくなってから起きてサンライズを待ちました。

2日目も車で砂漠の中を走り回って、洞窟や白砂漠、ちょっとした温泉(ちょろちょろって水?お湯?が出てるスポット。足湯程度かな?)に行きました。
この白砂漠がまたフシギ!!

あ〜どうして私のカメラはバッテリー切れなのか

またアップします・・・

この2泊3日は本当に貴重な体験ができて、広い砂漠の中でいろんなことを感じたし考えました。
心が洗われる気持ちでした。

本当はせっかくのアイードで、家族で過ごしたいはずの3日間を私たちに割いてくれ、汗だくになって楽しい時間を作ってくれたドライバーのバックルさん&ターマルさん。
ありがとう

バハレイヤは私にとって、本当に大切な場所の1つになりました。

絶対またここに戻ってきたい!

そしてもしエジプトに来る機会があったなら、ぜひ連れていってあげたいステキな場所です
2011-09-06(Tue)
 
プロフィール

みさと★ファリーダ

Author:みさと★ファリーダ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。