スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

エジプトの保育と日本の保育

2012/05/29(火)

1ヶ月ちょっと前に、活動先の保育園が変わりました。
今はショブラという地区にある保育園で火〜木曜に活動しています。

会議や選挙が重なり、今までに行ったのは10回ほどです。

初めの印象がとってもよかったこの保育園。

・室内ですが、身体を動かせそうな比較的広いスペースがあり、園長先生も保育士さんもいい顔つき。
・「何かほしいものがあれば何でも言って」と言ってくれる園長先生。
・私が書いて持っていった「いろいろな遊びの意義」の冊子をみんなで目を通し、大切に保管。
・すべり台は必ず1人ずつ。1人が滑り終えたら次の人。→危機管理の意識あり。
・何か作ると、保育士さんも一緒に手伝ってくれる。
・落ち着いている子どもたち。
            
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

という印象だったのに、これがまたしてもくつがえされてしまいました・・・

・今までのギザの保育園ではひたすら子どもたちは食べさせられていたけれど、この園では順番にずっと勉強。
終わった子は何もすることなくじーっと座らされています。
わからないと、私でもびくっとするようなものすごく大きな声で怒鳴られるor叩かれる。

・子どもたちが遊んでいるとき、楽しくなって大きな歓声を上げるようになると、
「その大きな声は何?!だまれ!!!」
とおとなしくさせられる。
→保育士たちの声の方がよっぽどうるさいのに。

・私が保育室に入り、子どもたちと遊び始めると保育士さんはいつのまにかどこかにいなくなってしまう。
→私がいるからなのか、それとも、もともと「子どもたちと常にいる」という感覚がないからなのか、わからない。

・保育士の代わりに今長期休み中の大きな子どもたち(小学生など)が保育士の代わりとなって保育。
 (絵本の読み聞かせをしたり、私の補助をしたり、保育士の代わりに騒いでいる子たちを注意したり)
 その間保育士たちは保育室から離れておしゃべり、紅茶を飲む。

特に苦痛なのは、子どもたちが怒鳴られたり叩かれたりするのを見ることです。
見ている限り、大したことはしていないのに。
どうしてそんなふうにされなければいけないんだろう。
今日見るに見かねて、「叩かないで。子どもたちは言えばわかるよ。」と言ってみましたが、ものすごい形相で睨まれました
アサーヤという棒が多くの保育園に存在して、それで思いきり叩かれることや脅されることもしばしばだと聞いたこともあります。
きっとこれが今までエジプトで続いてきている一般的な方法なのです。

それを、突然やってきたアラビア語もつたない私に何か言われても、「何言ってるの?」という反応は仕方ないのかもしれません。
でもそれだったら私は何のためにいるんだろう。
わからなくなります。



日本ではさんざん「大人の都合の保育はするな」と指導されてきました。
子どもが今何を考えているのか?
何を望んでいるのか?
どんな言葉をかけたらいいのか?
子どもの様子からどんなあそびの環境を設定したらいいのか??etc

日本で私は決して十分な保育ができていませんでしたが、繰り返しの指導の中、いろんなことが意識としてありました。

それが全てくつがえされる今。
文化も社会背景も違うから当たり前です。

そして、この環境の中で育っている子どもたちがとてもたくましいことも事実です。
幼いうちから小さな大人として、人手として使われる子どもたち。
同じ年齢だったとしても、エジプト人の子どもたちのほうがなんだか大人びている印象です。
本当は苦痛だと思うけれど、長時間ひたすら静かに待っていられる子供たち。
それが本来あるべき子どもの姿ではきっとありませんが。

でも逆に日本の子どもたちは守られすぎていると感じることも多々あります。

何が正しいのか、どこまでエジプトのやり方を受け入れて、どこまで日本のやり方を主張してもいいのか、モヤモヤ。
わからなくなります。
スポンサーサイト
2012-05-29(Tue)
 

はじめてのカイロセミナー

2012/05/23(水)

おひさしぶりです。
ゴメンナサイ、またまたかなり更新サボってました

これまでの間、実は活動ではいろんなことがありました。

4月22日から社会連帯省本省での活動がついについに再開!!!
やったぁ

選挙前で、治安がいつ不安定になるかわからないこともあり、
・本省勤務・・・日・月
・保育園勤務(新しい活動先)・・・火・水・木
という赴任当初と同じ形態での活動になりました。

本省勤務が再開した当初、タハリール広場前は怪しげなテントやら浮浪者の人がたくさん・・・。
どう考えても様子怪しいのですが、カウンターパートさんがいつも駅とモガンマの往復に付き添ってくれるので安心です。
そのように安全を考慮した対応をお願いしてくれた、JICA・T調整員さんにも感謝です。
そして、今ではだいぶテントも撤去されて普通の状態に戻りつつあります。

ただ、今日・明日とうとう大統領選!!!!

いったいどうなることやら。。。
どうか無事終わりますように!!

新しい保育園での活動のこと、JCC会議(支局部長会議)のこと、活動で大きな変化がたくさんありすぎて、
1度に書ききれない・・・。
まめに更新しなくてすみませんね・・・。
    
                            

今回は5月3日にあったカイロセミナーのことを書きます

今まで本省での活動ができずにいた間、3つの地方セミナーにお手伝いとして参加させてもらいました。
前回書いたイスマイリアセミナーもそのうちの1つです。

地方セミナーに参加させてもらうことは、とっても有意義。
各地方の支局の雰囲気がわかるし、支局職員や地方保育士とも顔を合わせられる機会になるし、またセミナーのやり方の勉強にもなります。

裏方としてセミナーに参加することはあったのですが、ついに私が主となって開催するセミナーのチャンスがやってきました!!!

それを知らされたのは開催日の3日前・・・。
「突然セミナーふられる」って、ウワサには聞いてたけど、やっぱり。。。。

慌ててプログラム考えて、準備して。。。

地方によってはセミナーを重ねることで、講師になってくれる人や保育士さんとのつながりができ、協力しあってセミナーを作っていけたりもするのですが、私にははまだそのつながりがないので、カウンターパートさんと2人だけでの進行です。

でも参加者や主催側である支局職員さんたちの温かさ・やる気・未知数だったカウンターパートさんの活躍で、私自身もとても楽しめたセミナーとなりました。

今回の会場
P5030232.jpg


プログラム
P5030233.jpg



配布したもの
幼児教育隊員で定期的に発行しているおたよりと製作で使う材料が入っています。
P5030236.jpg



まず参加者に作り方を説明します。
P5030246.jpg


参加者が作った魚釣り用の魚。なんだか味があってステキです。
P5030264.jpg


一生懸命作っています
P5030299.jpg


切り絵の飾りのワンピース
P5030288.jpg


今回の参加者さんたちとパシャリ
P5030313.jpg


今回感じたのは、保育園での活動とセミナーでの活動でのエジプト人の反応の違いです。

保育園での活動では、活動に行き始めた頃こそお客さん扱いで、そして私の様子・反応を伺っている(何か評価されると思っているのだと思います)のですが、だんだん私がいる状態に慣れてくると、何かを吸収しようというより、人手としての存在と考えられているように思います。
私がいるとその間、どこかに行ってしまったり、私1人で何かを準備したり、活動したり・・・。
これはどの国でもボランティアが経験することだと思うのだけれど。
「一緒にやらなければ意味がない」「一緒に考えていきたい」ことを繰り返し伝えていっても伝わりきらず。
子どもたちの笑顔や反応を間近に見られるのは嬉しいことですが、でも私がいる意味ってあるのかな??ともんもんと考えること多々ありでした。

セミナーでは、社会連帯省や支局が私のバックにあることが明確なことから、「ボランティア」の立ち位置がまた違ったものに受け取られるようです。
またセミナーに参加してくれる意欲がある(ただし、エジプトではセミナー参加者にお金を支払います)人たちなので、何かを学ぼうという姿勢があるというのも大きな違いです。

今回のセミナーで、必死にメモをとっている参加者、「これを園でおろしたい」と言ってくれる参加者、飛び入りで絵本の読み聞かせを買って出てくれた参加者、「有意義な時間だった」と言ってくれる参加・・・。
参加者からの反応から何か手応えを感じることができて、少し自信もつきました。

そういう意味からも、今後の活動はセミナーや各地域への視察に重点をおいた活動へシフトしていけたらいいなと思います。
とにかく治安がいつどうなるのか、見通しのもてないエジプト。
あと残り1年とちょっとの活動もどうなっていくかわかりません。
でも少しずつ、何か手応えを感じながら前に進んでいけたらいいなぁ。
2012-05-23(Wed)
 

イスマエリアセミナー

2012/04/01(日)


こんにちわ。

エジプトには砂嵐の時期があります。
それが50日くらい続くことから、砂嵐のことをアラビア語で「50」の意味の『カムシーン』と呼ぶようです。

「4月に入るとカムシーンだよ」と聞いていたけれど、4月に入った今日まさに砂嵐がやってきました。
朝はすごく暑くていいお天気だったのに、お昼すぎより空も空気も真っ白。
時々強風が吹くので、そのへんのごみや砂がぶぁ〜っと舞います。
顔も目も耳も砂でざらざら〜。
これが50日って・・・。いずれ慣れるかな。


さて。先週、幼児教育隊員のいるイスマエリアという地方にセミナーのお手伝いに行ってきました。

ここで、イスマエリアのことを簡単に紹介

写真載せたいんだけど・・・どうやらSDカードリーダーが壊れて、今パソコンに取り込めない状態直ったらまたアップしますね

・スエズ運河にほど近い場所にあり、カイロからはバスで3時間ほど。
・夏になるとマンゴー天国マンゴーにもいろ〜んな種類があるってご存知ですか?!ちなみに私はまったく知らなかった・・・。種類によって、甘さや色もいろいろみたいですよ
マンゴーが大好物な私にはたまらなくうらやましい
・道路や公共の公園が整備されていて、緑が多く本当に美しい街。道端にはカイロのようにたくさんのゴミが散乱。。。ってこともありません。



さてさて。
今回はそのイスマエリア支局に、保育園側よりセミナーの依頼があったということで保育園でのセミナー予定。
 話すと少し長くなるのですが、エジプトの幼児教育において、JICAとエジプトとの間に5年計画のプロジェクト(「実技から学ぶ保育改善プロジェクト」)が締結されています。
5重点地域(各地域にJICAボランティア各2名配置)+カイロ(社会連帯省本省→私の配属先)の体制で、私たち幼児教育ボランティアはこのプロジェクトのもと活動しています。
 
さまざまな活動がありますが、そのうちの1つにセミナーの開催があります。・・・って要約しすぎ?? 
 
開催方法や場所はさまざまですが、現在は以前よりも各地域でのセミナーが活発になってきています。
今保育園での活動のみの私は各地域でセミナーがあると声をかけてもらい、お手伝いとして参加させてもらっています。
今回のイスマエリアセミナーは私にとって3回目の地域セミナーになります。
それぞれのやり方や色があるなぁというのをしみじみ感じた、このセミナー。

今回保育園側に必要材料の用意をしてもらっているということだったので、事前の準備はできず当日を迎えました。本当に必要な材料を揃えてくれてあるのか、Mボランティアと若干の不安を持ちつつ・・・。
しかしそれより以前に、イスマエリア支局職員の都合によりセミナー開催予定時間より1時間の遅刻。
保育園側ではすべての材料と、さらに今回のセミナーのための横断幕、飲み物・食べものまで用意してくれ、すごい歓迎ぶりと意欲を感じました。
その一方で、遅刻のため予定していたプログラムのうち1つしかできず、そのうえ支局職員の気分で予定にはなかった講義開始。さらに支局の都合で予定時間よりも早い切り上げ・・・。
私たちボランティア2人は、保育園側の意欲と楽しみにしていてくれた気持ちを思いきり感じるからこそ、よけいに支局職員たちのこの勝手な態度が許せず、私はMボランティアが一生懸命考えたプログラムが満足にできなかったことをとても悔しく感じたのでした。

次の日、保育園側の希望で予定時間より早い開始を約束したにもかかわらずまた遅刻・・・。この人たちにとって、保育園側に対して、どんな気持ちでいるのかを察することや、申し訳ないと思う気持ちはないのか??
私たちは昨日のセミナーのことが悔やまれて仕方なかったから、今日こそは期待に応えたいと思って来たのに。
2人して悔しくて、車内で職員たちに気持ちをぶつけました。本当にわかってくれたのかはわからないけれど、とりあえずその場では「申し訳ないと思っている」という職員たち。

保育園に到着し、Mボランティアの上手な進行で昨日のプログラムも巻き返し、2日分プログラムのほぼ全てを終えることができました。
保育士さんたちが一生懸命におもちゃを作る姿、できたら嬉しそうに私たちに「どう??」と見せてくれる姿を見て、無事できて本当によかったと思いました。

今回のセミナーでは本当にたくさんのことを感じました。
・支局職員の様子・ボランティアや日本の保育に対する理解度が各地域さまざまであること。
→今まで行った別の2ヶ所の地域では核となってくれる支局職員がいたため職員が中心となってセミナーを進めてくれていた。またボランティアへの理解度も仕事の意欲も高い。
・Mボランティアの意識・語学力の高さ。目的をもった活動と配慮。

支局職員に対してはがっかりしてしまったことが多かったけれど、私はMボランティアの姿から本当にたくさんのことを学ばせてもらったのでした。
それと同時に、私は今までどれだけのことをしてきたのか?もっとできることがいろいろあったんじゃない?伝えていかなければいけないことを正確に伝えていたのか?甘えてなかったか?といっぱいいっぱい反省しました。

今回のセミナーでは振り回されっぱなしだったけれど、この環境の中でいつも逃げずにしっかりと向き合っているMボランティア。
私はたくさんの刺激を受けてカイロに帰ってきました。
今回参加させてもらえて本当によかったです。

もっともっと、自分のことをしっかり見直さなきゃ。
やるべきことはたくさんたくさんあるはず。
2012-04-01(Sun)
 

9ヶ月

2012/03/20(火)

きゃー。1ヶ月ぶりの更新になってしまった・・・。

この1ヶ月の間は、エジプト&活動では特に大きな動きはありません。
本省での活動はいまだできず、今まで行っている保育園とは別の保育園での活動も予定中。

以前、候補となっている保育園2ヶ所の視察に行ってきました。
カイロの別の保育園を見るのはそのときが初めて。
同じカイロでも、保育園の環境や雰囲気が全然違うんだなぁ〜って思いました。

再度本省との協議を経て、今後の活動先や活動形態が決まるのですが、それもまだできずにいるため、今までの保育園で活動をしています。

保育園の園長先生や、保育園の先生たち、子どもたちとはだいぶ慣れてきて、言葉わからないなりに冗談や伝えたいことを言い合える関係になってきています。
その一方、馴れ合いになってきているところもあったりして・・・。

初心を忘れないで、活動工夫していきたいな〜っと思っているところです。
でも気を張りすぎるとバテちゃうので、自分のペースで。

今日は訓練中一緒だった早め出発同期隊員(6月20日出発組)にとっては、日本を旅立ってちょうど9ヶ月。
私たちはその1週間後の3月27日に9ヶ月めを迎えます。

「半年まではあっというま、それから1年目を迎えるまでは長い」って聞いたことがあるけれど、私にとっては今まで本当に早かった。

あと残り1年と3ヶ月。

今回もまた幼児教育隊員の先輩が帰国を控えていて、エジプト幼児教育メンバーもどんどん入れ変わっていきます。
でも本当にメンバーに恵まれて、お互い相談し合って助け合って、今までやってこれています。
また何か壁にぶつかったら、みんなで考えあって、刺激し合って、活動できたらいいなと思います。

それから、ほかの国でがんばっている同期のみんなの様子にも本当にいっぱい刺激と元気をもらう!!

みんなにも感謝です。

日本がいまも大変な中で、いただいている貴重な2年間。

大切にしていきたいです。





すごろく。
アラビア数字のものを作っていくと、クラスの先生サラの案で英語アルファベット版とアラビア語アルファベット版もほしいということだったので、作成。
順番を待つことを覚えたり、あそびの中で数字・文字に親しめます。
P2180020.jpg

真ん中紫の服の人が園長先生。私の隣にいるのがサラ。右側にいるのは保育アシスタントの先生です。
ロッカーの上に乗っている白い物体は、以前犠牲祭のときにサラと一緒に悪戦苦闘して作った羊。
大人の私が見ても不気味でオソロシイ・・・。
子どもはもちろん、もっと怖がってました・・・。
P2200095.jpg



2012-03-20(Tue)
 

日本人学校の見学

2012年02月21日

更新、だいぶサボってました・・・。

先週、約1ヶ月ぶりにまたモガンマ(社会連帯省の入っている建物)に行って、今後の私の活動について話し合ってきました。

ひさびさに行ったモガンマ周辺は、以前の会議のときよりも不穏な空気が・・・。
怪しげなお店や人がたくさんいて、私が通っていた頃よりも明らかに違う雰囲気。
それもこれも先月ポートサイドで起きた暴動がきっかけのように思います。

話し合いでも、やはり「今は危険」ということで、私のモガンマでの活動は大統領選のある6月まで見送りとなりました。

そういうわけで、今行っているギザの保育園とは別の新しい保育園を探してもらい、しばらくはそこでの活動ということになりそうです。

別の保育園の様子を知れるのは嬉しいし、気持ち新たにがんばります。


それにしても、エジプトほど予定が予定通りに進まない国も、なかなかないんじゃないかなぁ・・・。

すべてはインシャーアッラー(=神の御心しだい)。

なんでも流れに身をまかせていこう・・・。


ところで。
昨日はエジプトで暮らす日本人の子どもたちが通う、日本人学校の生徒さんたちが保育園の視察にきました。
見にきてくれたのは全部で8人。
小学校6年生4人+引率の先生1人+通訳者のエジプト人1人+JICA幼児教育担当の調整員さん+社連省職員1人。

この視察が決まって、
「ちょっと、ファリーダ、当日は何をするの?!」と園長先生。
私が全てを決めては意味ないので、「活動内容は一緒に考えよう」と言うと、園長先生的には以前に何度かやった小麦粉粘土が気に入っていたようで、当日は小麦粉粘土を取り入れることに。

それにしても、みんなの張り切りっぷりが本当にすごかった。

前日子どもそっちのけで、保育園全体の大掃除。
扇風機のそうじ、天井のそうじ、壁のそうじ、手作りのお花・・・。

私は通常どおりの時間に帰ったけれど、どれだけ変貌を遂げるのだろうと思ったら、カーテンも絨毯もいろんなものが新しく生まれ変わっているのでびっくり。

「もぉ〜〜っ。こういうときばっかり張り切るんだから〜っ。」っと思ってしまっていたけど、考えたら視察をきっかけに保育園がキレイになったんだから、よかったよかった

新品と思われるコップに入った紅茶とチョコレートをふるまってくれ、保育士のサラは新しいワンピースを着て、とにかくすごい歓迎ぶり。

そして、「ちょっとファリーダ、私たちのことなんて言ってるの??」としきりに評価を気にする園長先生。


子どもたちの様子を見ていると、粘土で作るものもだいぶはじめの頃と変わってきました。
たとえば、ただちぎるだけだったのが、形のあるものを作ったりとか、私のマネばかりだったのが自分でイメージして何か作ったりとか。

成長を感じました。

小学生たちも一緒になって楽しんでくれてよかったです

また社連省職員のアッザさんからは、保育園の様子への意見もいただきました。
それを素直に受け止めてすぐに改善しようとする保育園側もエライなと思いました。

みんなが帰ってからは受験が終わったかのような開放感で、テンションの高いみんな。
「ちょっと、ファリーダ、私はあなたのこといい子だって言っとい(てあげ)たわよ、あなたも私たちのこと優秀だって言ったんでしょうねっ?!」とやっぱり評価が気になって仕方ない園長先生なのでした。


なんだか最近ダレてきていたところもあったけれど、みんなでがんばって受け入れをしてくれ、今回の視察で気持ち新たになるきっかけを作ってもらえてよかったです。



P2200053.jpg


2012-02-21(Tue)
 
プロフィール

みさと★ファリーダ

Author:みさと★ファリーダ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。