スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

アラビア語の家庭教師

2012/07/04(水)

エジプトに来て1年が経ったのに、全く上達しないアラビア語。

日本では語学を中心にした65日間の訓練、エジプトに来てからは約1ヶ月の語学訓練を受けさせてもらいました。

ヘビが横たわってるようなアラビア文字。
文字に全く見えないヘビが文字として読めるようになったときには感動でした

英語と違ってアラビア語なんて、普通に日本で生きてたらかかわることなんてなかなかない言語。
スタートはみんな一緒だったはずなのに・・・。
この1年で一緒にエジプトに来たみんなとは語学力にずいぶん差がついてしまったような。
・・・・って、ずっと前から気がついていたけれど、気がつかないフリしてました。
わからないからよけい楽しくなくって、アラビア語に向き合うのが苦痛で、勉強しなきゃいけないのにしたくない・・・っていう負のスパイラル

このままじゃいけない・・・。
仕事にならない・・・。

ということで、家庭教師をつけることにしました。
友達にいろいろあたってもらって、見つけた家庭教師のアスマ先生。

今日は初めての授業。
そういえば私の人生でも初めての家庭教師。

家からバスで15分ほどのフェイサルという地区に先生は住んでいます。
初めて行く街は、私の近所とはまた雰囲気がちがっておもしろい。

冷たいタマルヒンディ(コーラみたいな色)とソビア(カルピスみたいな乳白色)という飲み物をを出してくれました。おいしい。


私が特に苦手なのは単語を覚えることと文章を組み立てること。致命的じゃないか
そのうえ気軽におしゃべりをしたり、ご飯を一緒に食べたりするエジプト人の友達が私にはいないので、会話がいつまで経っても上手にならず・・・。

今日は簡単な文法とかから始めたけれど、これから宿題も出してもらったり、私のしゃべるアラビア語の間違いを訂正してもらったり、発音を教えてもらったりしたら嬉しいなと思います。

ボランティアの身なのでお金にはあまり余裕がないけれど、できるだけ勉強の場を作っていきたいなと思いました。



先生が「夜ごはん一緒に食べてく?」って言ってくれたことと、私が帰りのミクロバスに無事乗れるかバルコニーから見ててくれたのが嬉しかったな


アラビア語のモチベーションを上げていくぞ
わかるようになってくれば楽しくなってくるはず
そしたらきっともっともっと勉強したくなるはず

・・・ってなるまでがんばるんだー
スポンサーサイト
2012-07-04(Wed)
 

エジプト1年記念日

2012/06/26(火)

エジプトに来て、今日でちょうど1年。

1年前、両親と涙涙のお別れをして大阪に向かう新幹線に乗り込みました。
なんだかずっと昔のことのようです。
この1年あっという間だったな〜。


22年度1次隊の先輩のお見送りにカイロ空港に行きました。
22‐1の先輩たちとのお別れは特に信じられなくて、実感が全くわかなくて、ドミトリーに上がれば「みさっちゃーん」とまた声をかけてくれるような気がしてしまいます。

1年後の今日、私たちは見送られる側に立っている。
今日から折り返し地点に入りました。

明日から見ていく風景と季節の移り変わりは、二度と見ることのない景色になっていく。
「あーつーいぃぃー」とか「ヤジうっとおしい!!」とか、いろいろ思うとすべての五感をシャットダウンしてしまいたくなるけれど、毎日の中で見られるもの感じられるものを大切に生活していきたいな〜と思い直しました。


私が青年海外協力隊に応募したのは、せっかくの1度きりの人生だったらいろいろな世界があることをもっと見たいし知りたい!!と思ったのと、自分自身を変えたかったからです。
国際協力に携わりたかったというよりは、実は自分自身のためのほうが大きくて。

ぬけていて何かとドジをふんだり、楽なほうに流されたり、自分に甘かったりする自分がとにかくイヤで、もっとしっかりした「私」になりたかったのです。

出逢い運に恵まれる私はいつもいつもステキな人に出逢い、助けられて過ごしてきました。
それに甘えさせてもらうことが多くて、1度日本を離れてたった1人で生活をして活動をしていく中で、何かを変えるきっかけにしたかった。

でもやっぱり私は私。
この1年で、私は前の自分と大きく変われなかったけれど、日本を離れたことで今まで助けてくれ、応援し続けてくれているみなさんへの感謝の気持ちがますます高まりました。

お父さん・お母さん、おばあちゃん、家族のみんな。
いつも夜遅い時間に私の話を聞いてくれてありがとう。
応援して支えてくれてありがとう。

友達へ。
みんなからもらったメッセージやアルバム、手紙、ぜーんぶ私の心の支えになっているよ。
本当にありがとう。

保育園の職員のみなさま。
保育士が常に足りない中で出させていただいて本当にすみません。
そして本当にありがとうございます。
また近況報告等させてください。


23-1のみんな、エジプト隊員のみんな。
職種も年齢も出身地も全てを超えたみんなとの出逢いは一生の宝物です。
本当に出逢えたことに感謝だよ!!
同じ空の下、一緒にあと1年がんばっていこうね

腹が立つことやいろんなこと全部含め笑、貴重な経験ができるチャンスをいただけたことに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。あと残りの任期1年。進化した私になって帰国します
2012-06-26(Tue)
 

大統領決定

2012/06/24(日)

今日のエジプト時間16:30頃、ついに大統領が決定しました。
決戦投票を経て、発表は21日の予定でしたが、延期され今日の発表。

タハリール広場は昨晩(いや・・・もっと前??)からたくさんの人が集結して、結果を待っていたようです。
タハリール敷地内にあるモガンマ勤務だった今日、モガンマ自体が機能していないためお休みに。

とにかく今日は家でおとなしく待機。

私のTVは調子が悪いのでリアルタイムでニュースを見ることもできず、ぼーっとしていたところ、同期からの電話。
「たしかにこの歴史的瞬間にここエジプトにいるのはすごいことだ!!」
と改めて思い直し、同じアパートのcちゃんと一緒にニュースを見てその瞬間を待つことに。

突然「モルシ氏に大統領決定」のテロップが。

そのときのタハリール広場の盛り上がりのすごいこと、すごいこと。

うおぉぉーーーー!!!っと猛獣か何かの雄叫びのような声と、全身で喜びを表すエジプト人たち。

それから家の外からはパンパンと爆竹の音や、プップププー♪と軽快なクラクションの音。

あれ??みんなモルシ氏派だったのかな??

ニュース情報によると、モルシ氏派は52%。シャフィーク氏は48%。
単純に考えて国民の半分は反対派なはず・・・。

モルシ氏に決まってお祭り騒ぎのようなタハリール広場だったけれど、これからシャフィーク氏派はどうするんだろう。
やっぱり荒れるのかな・・・。

でもきっといつか社会の教科書に載るであろうこの瞬間に、エジプトで生活していることはきっとすごいことなんだろうなとcちゃんとしみじみ感じていたのでした。


お願いだから治安はもう荒れないでね。





2012-06-24(Sun)
 

エジプトの保育と日本の保育

2012/05/29(火)

1ヶ月ちょっと前に、活動先の保育園が変わりました。
今はショブラという地区にある保育園で火〜木曜に活動しています。

会議や選挙が重なり、今までに行ったのは10回ほどです。

初めの印象がとってもよかったこの保育園。

・室内ですが、身体を動かせそうな比較的広いスペースがあり、園長先生も保育士さんもいい顔つき。
・「何かほしいものがあれば何でも言って」と言ってくれる園長先生。
・私が書いて持っていった「いろいろな遊びの意義」の冊子をみんなで目を通し、大切に保管。
・すべり台は必ず1人ずつ。1人が滑り終えたら次の人。→危機管理の意識あり。
・何か作ると、保育士さんも一緒に手伝ってくれる。
・落ち着いている子どもたち。
            
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

という印象だったのに、これがまたしてもくつがえされてしまいました・・・

・今までのギザの保育園ではひたすら子どもたちは食べさせられていたけれど、この園では順番にずっと勉強。
終わった子は何もすることなくじーっと座らされています。
わからないと、私でもびくっとするようなものすごく大きな声で怒鳴られるor叩かれる。

・子どもたちが遊んでいるとき、楽しくなって大きな歓声を上げるようになると、
「その大きな声は何?!だまれ!!!」
とおとなしくさせられる。
→保育士たちの声の方がよっぽどうるさいのに。

・私が保育室に入り、子どもたちと遊び始めると保育士さんはいつのまにかどこかにいなくなってしまう。
→私がいるからなのか、それとも、もともと「子どもたちと常にいる」という感覚がないからなのか、わからない。

・保育士の代わりに今長期休み中の大きな子どもたち(小学生など)が保育士の代わりとなって保育。
 (絵本の読み聞かせをしたり、私の補助をしたり、保育士の代わりに騒いでいる子たちを注意したり)
 その間保育士たちは保育室から離れておしゃべり、紅茶を飲む。

特に苦痛なのは、子どもたちが怒鳴られたり叩かれたりするのを見ることです。
見ている限り、大したことはしていないのに。
どうしてそんなふうにされなければいけないんだろう。
今日見るに見かねて、「叩かないで。子どもたちは言えばわかるよ。」と言ってみましたが、ものすごい形相で睨まれました
アサーヤという棒が多くの保育園に存在して、それで思いきり叩かれることや脅されることもしばしばだと聞いたこともあります。
きっとこれが今までエジプトで続いてきている一般的な方法なのです。

それを、突然やってきたアラビア語もつたない私に何か言われても、「何言ってるの?」という反応は仕方ないのかもしれません。
でもそれだったら私は何のためにいるんだろう。
わからなくなります。



日本ではさんざん「大人の都合の保育はするな」と指導されてきました。
子どもが今何を考えているのか?
何を望んでいるのか?
どんな言葉をかけたらいいのか?
子どもの様子からどんなあそびの環境を設定したらいいのか??etc

日本で私は決して十分な保育ができていませんでしたが、繰り返しの指導の中、いろんなことが意識としてありました。

それが全てくつがえされる今。
文化も社会背景も違うから当たり前です。

そして、この環境の中で育っている子どもたちがとてもたくましいことも事実です。
幼いうちから小さな大人として、人手として使われる子どもたち。
同じ年齢だったとしても、エジプト人の子どもたちのほうがなんだか大人びている印象です。
本当は苦痛だと思うけれど、長時間ひたすら静かに待っていられる子供たち。
それが本来あるべき子どもの姿ではきっとありませんが。

でも逆に日本の子どもたちは守られすぎていると感じることも多々あります。

何が正しいのか、どこまでエジプトのやり方を受け入れて、どこまで日本のやり方を主張してもいいのか、モヤモヤ。
わからなくなります。
2012-05-29(Tue)
 

はじめてのカイロセミナー

2012/05/23(水)

おひさしぶりです。
ゴメンナサイ、またまたかなり更新サボってました

これまでの間、実は活動ではいろんなことがありました。

4月22日から社会連帯省本省での活動がついについに再開!!!
やったぁ

選挙前で、治安がいつ不安定になるかわからないこともあり、
・本省勤務・・・日・月
・保育園勤務(新しい活動先)・・・火・水・木
という赴任当初と同じ形態での活動になりました。

本省勤務が再開した当初、タハリール広場前は怪しげなテントやら浮浪者の人がたくさん・・・。
どう考えても様子怪しいのですが、カウンターパートさんがいつも駅とモガンマの往復に付き添ってくれるので安心です。
そのように安全を考慮した対応をお願いしてくれた、JICA・T調整員さんにも感謝です。
そして、今ではだいぶテントも撤去されて普通の状態に戻りつつあります。

ただ、今日・明日とうとう大統領選!!!!

いったいどうなることやら。。。
どうか無事終わりますように!!

新しい保育園での活動のこと、JCC会議(支局部長会議)のこと、活動で大きな変化がたくさんありすぎて、
1度に書ききれない・・・。
まめに更新しなくてすみませんね・・・。
    
                            

今回は5月3日にあったカイロセミナーのことを書きます

今まで本省での活動ができずにいた間、3つの地方セミナーにお手伝いとして参加させてもらいました。
前回書いたイスマイリアセミナーもそのうちの1つです。

地方セミナーに参加させてもらうことは、とっても有意義。
各地方の支局の雰囲気がわかるし、支局職員や地方保育士とも顔を合わせられる機会になるし、またセミナーのやり方の勉強にもなります。

裏方としてセミナーに参加することはあったのですが、ついに私が主となって開催するセミナーのチャンスがやってきました!!!

それを知らされたのは開催日の3日前・・・。
「突然セミナーふられる」って、ウワサには聞いてたけど、やっぱり。。。。

慌ててプログラム考えて、準備して。。。

地方によってはセミナーを重ねることで、講師になってくれる人や保育士さんとのつながりができ、協力しあってセミナーを作っていけたりもするのですが、私にははまだそのつながりがないので、カウンターパートさんと2人だけでの進行です。

でも参加者や主催側である支局職員さんたちの温かさ・やる気・未知数だったカウンターパートさんの活躍で、私自身もとても楽しめたセミナーとなりました。

今回の会場
P5030232.jpg


プログラム
P5030233.jpg



配布したもの
幼児教育隊員で定期的に発行しているおたよりと製作で使う材料が入っています。
P5030236.jpg



まず参加者に作り方を説明します。
P5030246.jpg


参加者が作った魚釣り用の魚。なんだか味があってステキです。
P5030264.jpg


一生懸命作っています
P5030299.jpg


切り絵の飾りのワンピース
P5030288.jpg


今回の参加者さんたちとパシャリ
P5030313.jpg


今回感じたのは、保育園での活動とセミナーでの活動でのエジプト人の反応の違いです。

保育園での活動では、活動に行き始めた頃こそお客さん扱いで、そして私の様子・反応を伺っている(何か評価されると思っているのだと思います)のですが、だんだん私がいる状態に慣れてくると、何かを吸収しようというより、人手としての存在と考えられているように思います。
私がいるとその間、どこかに行ってしまったり、私1人で何かを準備したり、活動したり・・・。
これはどの国でもボランティアが経験することだと思うのだけれど。
「一緒にやらなければ意味がない」「一緒に考えていきたい」ことを繰り返し伝えていっても伝わりきらず。
子どもたちの笑顔や反応を間近に見られるのは嬉しいことですが、でも私がいる意味ってあるのかな??ともんもんと考えること多々ありでした。

セミナーでは、社会連帯省や支局が私のバックにあることが明確なことから、「ボランティア」の立ち位置がまた違ったものに受け取られるようです。
またセミナーに参加してくれる意欲がある(ただし、エジプトではセミナー参加者にお金を支払います)人たちなので、何かを学ぼうという姿勢があるというのも大きな違いです。

今回のセミナーで、必死にメモをとっている参加者、「これを園でおろしたい」と言ってくれる参加者、飛び入りで絵本の読み聞かせを買って出てくれた参加者、「有意義な時間だった」と言ってくれる参加・・・。
参加者からの反応から何か手応えを感じることができて、少し自信もつきました。

そういう意味からも、今後の活動はセミナーや各地域への視察に重点をおいた活動へシフトしていけたらいいなと思います。
とにかく治安がいつどうなるのか、見通しのもてないエジプト。
あと残り1年とちょっとの活動もどうなっていくかわかりません。
でも少しずつ、何か手応えを感じながら前に進んでいけたらいいなぁ。
2012-05-23(Wed)
 
プロフィール

みさと★ファリーダ

Author:みさと★ファリーダ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。